【再掲】#287 たまには外に出ましょう!!

2015年10月25日に撮影したロケの日記です。カイブに揚げたものです。こういう機会にはなかなかめぐり合うことができないので、再度ブログにあげておきます。


といっても、単なる外出とかではありません。
いつもと違う事、違う場所で違う事をしましょう。
新しい発見があるかもしれません。失望する事もあるかもしれません。
違う事をするという事は賭けみたいなものです。
無難な事をしていては、それ以上のものは見つからないでしょう。

ということで、廃線の危機を乗り越えたローカル線沿いでポトレなるものを企画。
往復7時間もかかるという僻地。しかも、乗降客がほとんど居ないであろう無人駅を撮影ポイントに選んだ。

無人駅に到着。当日の朝は寒かったものの、日中は程よい気温に恵まれた。
案の定、無人駅はさびれた感じでいい雰囲気。

駅をおりると、近くに吊り橋。光が綺麗なので逆光で撮影。
誰もいない自然の中での撮影って落ちついてていいですね。

ここだけでも、まあまあの写真は撮れたのですが、次の撮影ポイントに移動。

一応、廃校があるという事は調べてあったんだけど、鍵がかかって入れないだろうと予想していました。
ダメもとでも行ってみるかという気持ちでグーグルマップをたよりに移動。

その場所は意外に近くにありました。
訪れる人が少ないためか、ほとんど荒らされた形跡もなく、鍵もかかっていなかったので、
その中で撮影させていただきました。いきなりテンションが上がった感じでした。

何やら、黒板には 卒業おめでとうとか、その隣には2001年のカレンダーがぶら下がっていた。
ということは 2001年の3月に廃校になったようだ。
ほぼ15年が経過している事になる。その当時の黒板の書き込みはほぼそのまま。
その当時のフロッピーディスク、ビデオテープなど無造作に置いてあった。
床、机はうっすらとほこりが積もっていて、こびりついて拭いても取れない。

 

ふと15年前を想像してしまった。

黒板の横には 人形が置いてあった。
かわいがられた人形だと思うのになんで置いていかれたのだろう。。。
本棚には一冊の本が置いてあった。なんでこのほんだけ置いてあるのだろう。。。

この空間は 15年間 止まっている。
慌ただしく、めまぐるしく動いている日常から、
隔離されてたこの空間が僕をすごく静かな気持ちにさせてくれた。

ほとんど訪れる人が来ない中庭には、一輪の花が咲いていました。

19

きっと近いうちにまた来ようと思いながら、帰りの道につきました。

今回は、ロケということもあり計画段階から不安や心配もありましたが、結果として有意義な撮影でした。最近はスタジオ撮影が多くなり、新鮮味に欠けていましたが、ロケの意外性の面白さを久しぶりに体感できました。

できれば今後、同じようなスタジオで同じような撮影よりは、予想できないような意外性のある撮影の機会を増やせたらいいなと考えています。

最後に、こんな僻地まで、撮影におつきあいしていただきありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中