試行錯誤の結果→クラムシェルライティング?

コスプレ撮影も570回を迎えました。ライティングも本などを読みながら試行錯誤。美人ライティングなどがあるのは知識としては知ってました。レンブラント、クラムシェル。。。。

最近は振り返りの気持ちがあり、過去の写真を見直すことが多くなってます。その中で、結果としてこれがクラムシェルなのかななどと思っています。

でも、美人ライティングってなんで綺麗に撮れる(綺麗に見れる?)んですかね。屋外ポトレでもレフ、ストロボを使わないと顔が暗くなるけど、なぜ暗いと感じるんでしょう?写真としてみる場合、人間は顔を見てしまうんでしょうね。顔がある程度明るくないと、写真としては失敗かも。特にコスプレアイドル写真は。影もあってはダメ。2次元的な写真が好まれているようです。

1。これは下からアンブレラ越しにストロボを焚いたもの。やや強いかなと思うけど、ちょっと変わった雰囲気になった。

20170428-_DSC1125

2。もう60回くらい撮影してますが、なかなか思い通りに撮れないアリスちゃん。その試行錯誤の結果、今の所、左右に2燈と下からアンブレラ越しに1燈の3燈で撮影している。これもクラムシェル?

20170804-_DSC6309

3。これは、ストロボを床に置き、その上に白い布を被せて撮影したもの。その時は床に置いた造花を明るくしようと思ったのだけども、結果としてクラムシェルになった。

20161108-_DSC1800

レイヤーさんを撮影する場合は、美人ライティングを勉強した方がいいようだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中