170807 デジタルプリント講座

8/7は茂手木先生のニコン+エプソンのデジタルプリント講座に出かけた。

今までプリントで何枚も試し焼きを行ったりして悩んだ写真2枚を持参した。

まずは色空間から始まり、プロファイル、Caputure NXの使い方などの講義が行われた。プリントドライバの指定方法、視覚的、相対的の違いなど、何度も以前個人的に調べたことではあるが、講義を聞くと成る程ね。という感じにはなった。

ここ1年くらい悩んでいたことで、ファインアート紙をオートシートフィーダで印刷すると、色が薄くなる現象がある。エプソンの販売員に質問しても同じはずだとかいう返事だった。以前から真冬になると印刷が薄めになる現象があったので、夏には戻ると思っていたが変化はなかった。結局プリンタの不良かなとか思いながら、独自にプリンタープロファイルを作って対応していた。

この件を質問したところ、手差しとオートフィーダではインクの吐出量が違うとのことだった。

一人で、独学で写真をやっていると、無駄な時間を費やしてるのかなと思ったりした。

本題のプリント実習は、過去に何度もプリントで思考錯誤した以下の写真。

_DSC1647

Capture NXをいじっていると茂手木先生が見かねたのか、モノクロにすると面白いとか画像をいじり出して、色を加えたりして以下のような写真に仕上げてもらった。(作業が早くて理解できてません)

_DSC1647 (1)

画像編集やモノクロ。あまりやってないですね。近いうちにモノクロプリントの講座と、組み写真の作り方の講座を受けてみようかな。と思っている。

最近、ポートレート講座の受講が多いです。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中